« トータス号の製作者 | トップページ | あっくんのいもうとが登場 »

2006.03.24

ホーンブロアー(DVD)が面白い

「ホーンブロアー海の勇者」(BOX1 DVD4巻)がなかなか面白い。会社で「なんか面白いDVDない?」と雑談をしていたら、弊社の永山取締役が「これ面白いですよ」と貸してくれたもの。去年の夏頃NHKで放映していたらしい。
honebrowerホーンブロアー・海の勇者BOX1

18世紀末頃、イギリス海軍の若い士官候補生が成長していく話。アマゾンで書評を見てみたらコメントしてる8人全員が星5つ(満点)!こういうのもめずらしい。

新入りでいじめにあい、初めて部下を持ち、部下の信頼を得ていく様子。いい上司に見込まれ、困難の中で活躍し実績を上げながら、「上官(上司)とはかくあるべし」ということをおもしろく展開している。主役の男優もなかなかカッコイイ。先輩の助けといじめ、同僚のやっかみや友情、部下の信頼や反抗、いい上司とのめぐり合わせ・・・なんだか今の会社にも通じますね。

もう一つ面白い点は、軍艦や商船などたくさんの「帆船」が登場すること。どういうわけか昔から男は「帆船」にあこがれる。「帆船」といえば子供の頃、兄貴が難しい帆船のプラモデルを作ったのを思い出す。すごく立派に緻密につくりあげたものだ。私には「小学生低学年には無理ですよ」と売ってくれなかった。
あるとき兄貴が何かに腹を立ててこのプラモデルに八つ当たりして壊してしまった。そのときの親父の怒りようはすごかったなぁ。「物に当たるんじゃない!”」とか怒鳴られて思い切りぶんなぐられていたっけ。昔は「親父だってこの前、お膳をひっくりかえしたじゃないか!」なんて口ごたえはできません(^^;

車の修理工場、おっかない親父、油まみれのつなぎ(作業着)、集団就職の若者、子供はみなランニングシャツ・半ズボン・はだしにゴムぞうり。まさに「ALWAYS 3丁目の夕日」のまんま。年代もぴったり!

さて、話の航路が大きく逸れてしまったが(^^)、こうなるとBOX2(第5話から第8話)を観ないわけには行かない。永山取締役はBOX2を持っていないということなので、早速アラジンで探して注文した。
届くのが楽しみだ(^^)

|

« トータス号の製作者 | トップページ | あっくんのいもうとが登場 »

■買い物、買ったものなど」カテゴリの記事

コメント

面白そうですね!
NHKの海外ドラマ、いいものが多いので、結構はまります。個人的にはおととし放映されていた米国ドラマ「ザ・ホワイトハウス」が好きでした。
国・時代が違っても、人間関係や組織の中の葛藤やドラマ、上司と部下の関係とかは、同じなんですね。

投稿: わだ | 2006.03.25 20:42

わださん
お久しぶりです。
BOX2、あっという間に観てしまいました!
早くBOX3、出ないかなぁ。

投稿: Haruki | 2006.03.27 13:36

はじめまして
楽しそうなDVDについコメントさせていただきます
いつの時代も、どんなときも
人とのつながり、信頼関係で
成長させてもらって、感動をもらっていると思います。
素敵なお話ありがとうございました^^

投稿: 満里子 | 2006.03.30 10:58

満里子様
はじめまして。コメントありがとうございます。
おっしゃるとおりですね。

投稿: Haruki | 2006.03.30 22:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7300/9220630

この記事へのトラックバック一覧です: ホーンブロアー(DVD)が面白い:

« トータス号の製作者 | トップページ | あっくんのいもうとが登場 »