« 2010年8月 | トップページ | 2010年11月 »

2010.09.10

CSEとDFO

アメリカの2009年度EC(BtoC)市場規模は22兆円強らしい。
米Responsemine interactive社の資料によれば、このBtoC ECをDriveしているメディアは

検索エンジン 43% (Google,Yahoo!,Bingなど)
MarketPlace 28% (eBay,Amazonなど)
CSE      13% (PriceGrabber,NextTag,Shopping.comなど)
Direct      9% (ショップが直接集客)
モバイル    5%
ソーシャル   2%

だそうだ。(カッコ内は当方の加筆。推測)

この中の、CSEとは Comparison Shopping Engineの略で、日本で言えばショッピングサーチ.jpや、価格コム、コネコネット、ECナビなどの店舗案内サービス(ネット視聴率白書による分類)と対応すると考えていい。

※正確に言えば、CSEは商品検索サービスであって価格比較サイトではない。
(商品検索と価格比較とは技術レベルもまったく違うが、それについては別の機会に・・・)

一方、日本の2009年度のEC(BtoC)市場規模は約7兆円(7/20経産省発表)。2000年には米国の9分の1くらいだったわけだから、この間に3分の1近くまで追いついてきたことになる。

ただ、上記のようなDriveメディアの内訳はかなり違うだろう。日本には同等の統計がないが、日本の場合は、楽天、ヤフオクといった上記のMarketPlace相当がもっと大きいと思われる。また、大手中堅のEC企業ではDirectの割合がまだまだ大きく、検索エンジンやCSEのDriveシェアはもっと小さいと思われる。

続きを読む "CSEとDFO"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年11月 »