« 2012年3月 | トップページ | 2012年7月 »

2012.05.24

混んでいる時の女性専用車両

最近、仕事の記事が多いので、どうでもいい話をひとつ・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・

東海道線とか京浜東北線とか、事故などでダイヤが乱れて混雑するときに限って、「本日は車両混雑のため、女性専用車両の運用を中止しています。」という駅構内アナウンスが流れる。

あれれ?混んでいるから「女性専用車」を設置したんじゃないの?「混んでいるから」中止していいの?それじゃ普段は何のために「女性専用車」を用意しているの?まぁ、冤罪に巻き込まれないだけでもありがたいですが。

冤罪といえば、先日、満員電車でちょっと困った事があった。

朝一番で西新宿の会社の会議に出席するため、慣れない副都心線に乗り、新宿3丁目で丸ノ内線に乗り換えた。

次の駅は新宿。

案の定、大勢の客がドドドっと乗ってきて、反対側へぎゅうぎゅうに押し込まれて、その時どういうわけかカバンだけ、あっちの方へ持っていかれてしまった。

カバンの取っ手をぐいっとひっぱってもどこかに引っかかっているのか、ガンとして動かない。引き寄せられない。

「あれ、あれ、こまったなぁ。」
カバンはかなり離れてしまっていて、取っ手をにぎっている手はななめ下方向に伸びきってしまっている。混んでいるから体も動かせず、少々不自然な姿勢になっている。

「まいったなぁ」、「どうせ次の駅で降りるから、この姿勢でじっとしている方がいいかなぁ。」なんて考えながら、
ふと自分の手が伸びている方に目をやると・・・

なんと若い女性がいるじゃないですか。この姿勢、まるで女性の下半身に向けて手を伸ばしているみたいだ。

「うわぁ、やばい、やばい。これはまずいぞ!」

「カバンを放すしかないか!」、「でも手を離したらカバンを紛失する!」

ちょっと焦りつつ、「ごめんなさい、すみません」と言って、さらにぐいぐいカバンをひっぱると、その女性が片足を大胆に上げて(というか開いてというか)くれたため、ようやくカバンを引き寄せることができた。
もちろん怖い顔で睨みつけられましたけど。  (^^; ゴメンナサイ

ふ~、でもよかった~。

あれじゃ誰が見ても変な姿勢だ。「カバンが・・・」とか言い訳してもだめだろうな。まさに冤罪にされそうな。

いずれにせよ、よかったよかった。

朝から冷汗をかいての1日のスタートだった。


・・・・・

ところで、ぐいぐい引っ張っちゃったけど、私のカバンはあのときどこに挟まっていたのだろう?

それがちょっと気になる(^^:

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.05.07

ニホントカゲ?オカダトカゲ?

GWに伊豆高原の某所で、雨水のたまったプラバケツの中に浮いているトカゲを発見。縁がすべって出られなかったようなので生きているうちに見つけられてよかった!
写真をとって、早々に草むらに逃してやった。

時々みかけるので名前を調べたところ「ニホントカゲ」というのだそうだ。

M
ニホントカゲ?(クリックで拡大。キライな人は要注意)

ところが、Wikipedia(ニホントカゲ)によれば、
-----------------------------------------------------
分布
日本(北海道、本州(伊豆半島除く)、四国、九州、大隅諸島)、ロシア(沿海地方)
伊豆半島と伊豆諸島には本種ではなく、近縁種のオカダトカゲが分布する。
伊豆半島のトカゲが本種ではなく、伊豆諸島と同じオカダトカゲであることが判明
したのはごく最近のことであった。
-----------------------------------------------------
だそうで、ここは伊豆半島だからこのトカゲはニホントカゲではなく、オカダトカゲということになる。

そこで、オカダトカゲをしらべると(Wikipedia)、
-----------------------------------------------------
ただし、伊豆半島の基部付近はニホントカゲとオカダトカゲが同所的に分布している可能性がある。
-----------------------------------------------------
とのこと。

オカダトカゲは伊豆諸島の一部では『絶滅のおそれのある地域個体群(環境省レッドリスト)』だそうなので、この写真のトカゲはそんなに珍しいトカゲではなく、きっとニホントカゲだろうと思っている。

※「可能性がある」というという表現が気になるが。

ところで、日本中に分布しているニホントカゲが、ここ伊豆半島にだけ生息していない。その伊豆半島には伊豆諸島に生息するオカダトカゲが分布している、というのは面白い。

つまり、大昔、本州と離れていた伊豆半島には、伊豆諸島と同じオカダトカゲが分布しており、伊豆半島が移動北上して本州に接合したため、伊豆半島にはニホントカゲではなく、伊豆諸島と同じオカダトカゲがそのまま分布している、ということか。(勝手な想像です)

うーむ。トカゲ一匹から、地球規模の壮大な大陸移動に思いを馳せることになろうとは・・・。

次はぜひ、オカダトカゲの写真をとりたいと思う。いや、伊豆に生息するニホントカゲか?
あ~、頭が混乱する。
千石先生に教えてもらいたい!

※千石先生は今年2月に亡くなられたんですね。残念です。ご冥福をお祈りします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年7月 »