« 節電率29.4% | トップページ | 混んでいる時の女性専用車両 »

2012.05.07

ニホントカゲ?オカダトカゲ?

GWに伊豆高原の某所で、雨水のたまったプラバケツの中に浮いているトカゲを発見。縁がすべって出られなかったようなので生きているうちに見つけられてよかった!
写真をとって、早々に草むらに逃してやった。

時々みかけるので名前を調べたところ「ニホントカゲ」というのだそうだ。

M
ニホントカゲ?(クリックで拡大。キライな人は要注意)

ところが、Wikipedia(ニホントカゲ)によれば、
-----------------------------------------------------
分布
日本(北海道、本州(伊豆半島除く)、四国、九州、大隅諸島)、ロシア(沿海地方)
伊豆半島と伊豆諸島には本種ではなく、近縁種のオカダトカゲが分布する。
伊豆半島のトカゲが本種ではなく、伊豆諸島と同じオカダトカゲであることが判明
したのはごく最近のことであった。
-----------------------------------------------------
だそうで、ここは伊豆半島だからこのトカゲはニホントカゲではなく、オカダトカゲということになる。

そこで、オカダトカゲをしらべると(Wikipedia)、
-----------------------------------------------------
ただし、伊豆半島の基部付近はニホントカゲとオカダトカゲが同所的に分布している可能性がある。
-----------------------------------------------------
とのこと。

オカダトカゲは伊豆諸島の一部では『絶滅のおそれのある地域個体群(環境省レッドリスト)』だそうなので、この写真のトカゲはそんなに珍しいトカゲではなく、きっとニホントカゲだろうと思っている。

※「可能性がある」というという表現が気になるが。

ところで、日本中に分布しているニホントカゲが、ここ伊豆半島にだけ生息していない。その伊豆半島には伊豆諸島に生息するオカダトカゲが分布している、というのは面白い。

つまり、大昔、本州と離れていた伊豆半島には、伊豆諸島と同じオカダトカゲが分布しており、伊豆半島が移動北上して本州に接合したため、伊豆半島にはニホントカゲではなく、伊豆諸島と同じオカダトカゲがそのまま分布している、ということか。(勝手な想像です)

うーむ。トカゲ一匹から、地球規模の壮大な大陸移動に思いを馳せることになろうとは・・・。

次はぜひ、オカダトカゲの写真をとりたいと思う。いや、伊豆に生息するニホントカゲか?
あ~、頭が混乱する。
千石先生に教えてもらいたい!

※千石先生は今年2月に亡くなられたんですね。残念です。ご冥福をお祈りします。

|

« 節電率29.4% | トップページ | 混んでいる時の女性専用車両 »

■写真やカメラ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして(^o^)/
ニホントカゲ大好きのトカリンと申します。
画像のトカゲは、おそらくニホントカゲの幼体の可能性が高いと思います。
オカダトカゲの幼体も生息している島にもよりますが基本的にはニホントカゲの幼体の色彩に近いですが尻尾の青みが薄く背中のラインも不明瞭ですぐにそれらの紋様は消えて行きニホントカゲの幼体ほど鮮やかではありません。
それにしても、この画像のニホントカゲの幼体綺麗でよく撮れてますねぇ

投稿: トカリン | 2013.11.19 09:12

トカリンさん
これ、ニホントカゲの幼体なんですね。
スッキリしました。
詳しい説明をありがとうございました。

投稿: Haruki | 2013.11.19 09:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7300/54647451

この記事へのトラックバック一覧です: ニホントカゲ?オカダトカゲ?:

« 節電率29.4% | トップページ | 混んでいる時の女性専用車両 »