« 洗車で気分転換 | トップページ | 謹賀新年 コマースリンク株式会社代表 »

2012.12.25

「明日できることは今日やるな」

中学、高校とも男子校だった。(今は共学になっている)

テレビで防衛大学の「棒倒し」の様子が流れていたが、何十年も前の男子校(高校)というのは、かなりバンカラ、乱暴な側面があって、同じことをヘルメットなしでやっていた。
飛び掛かり、ケリをいれ、殴りかかってくる攻撃側に、防御側が応戦。さすがにバンカラを自負する男子高校らしく本人達にとってはすこぶる楽しかったが、今ではあまり見ない光景ではないだろうか。

そんな学校だから、当時の先生は絶対だった。逆らうと強烈なビンタをくらったものだ。先生が言う事には内心はどうあれ表だって逆らうことは殴られるだけ損だ。

そんな先生が日頃やかましく「今日やることを明日に延ばすな」と言っていたあるときに、生徒全員がそれぞれ「来年の抱負」を書かされ、それが冊子になって配られたことがあった。その冊子の中に、

僕は来年は、「今日やることを明日に延ばすな」ではなく、
「明日できることは今日やるな」で行こうと思います。(○山○男)

と書いた奴がいた。ちょっとシュールで面白い奴だったので「よくやるよ」とみんなで大笑いしたものだ。しかし、当時の状況の中で、他人とは違うものの見方といい、ちょっとひねくれたユーモアといい、とても印象に残った。先生もあながち間違ってはいないので怒らなかったと思う。

それ以来、仕事や経営にあたり、ときにこの言葉の精神がとても役に立ったと思う。仕事の仕方やマネジメントの本にあってもよさそうなフレーズだ。だから、残業で有名な某社で1回も100時間残業をしたことがない。平均残業時間の半分くらいしか残業しなかったと思う。仕事量は同じだから、仕事のスピードは周囲の倍くらい速かったと思う。

「明日できることは今日やるな」
今日やるべきことはきちんと今日やり、明日でもいいことは明日やれ。

今やるべきことにしっかり取組み、今やらないことは「やらない」と決める。仕事の優先順位でもあるし、事業の取捨選択にも通じる。会社をきちんと経営していくにも必要な精神だと思っている。

何十年も前の、アホな高校生のいたずらのフレーズだが、ある一面でマネジメントの真髄を言い得ているのではないだろうか。


(注意)学校でも会社でも、周囲に同調しない人間は、変わり者、調子がいい、要領がいい、ということで、あまりいい評価はもらえないかもしれないので、まわりの評価を気にしない人におすすめします。
それから、「今日やるべきことは明日やれ」と間違えて覚えると、たぶん悲惨な目にあいますのでご注意ください。


|

« 洗車で気分転換 | トップページ | 謹賀新年 コマースリンク株式会社代表 »

■仕事や会社のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7300/56390941

この記事へのトラックバック一覧です: 「明日できることは今日やるな」:

« 洗車で気分転換 | トップページ | 謹賀新年 コマースリンク株式会社代表 »