« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013.03.10

昔のカメラいろいろ

今回は家に遺っているとても古いカメラをいくつか紹介。昔のカメラはとてもカッコいいと思う。味があるというか。そう感じるのはメカ好きの男性だけかもしれないが。
自分はカメラマニアではないので、それぞれの機種の説明はカメラに精通した方のサイト他にお任せするとして、興味のある方は写真でその形を楽しんでください。

以下、新しいもの順(画像クリックで拡大)

●ローライ35 (Rollei 35) (40~45年前)

Rrollei600

ローライは1920年創業のドイツのカメラメーカーで、Rollei 35は1967年発売らしい。当時の高級コンパクトカメラだそうで、見た目よりどっしりしていてしっかりした作りなのがよくわかる。何度か使わせてもらったように思う。

●ヤシカ アトロン/エイトロン (YASHICA Atron) (47~48年前)

Atron600

後に京セラに吸収されたヤシカカメラの製品。1965発売だそうだ。超コンパクトカメラ。ミニチュアメカが好きな人は好きですよね、こういうの。鉄道模型(当時はOゲージやHOゲージだったと思う)と共通した魅力があるかも。こちらは時々使ったことがあったと記憶しているが、今も動作するかどうかは未確認。

●ライカM3 (Leica M3) (48年前のもの)

Lica1600

名機ということなので、Wikipedia(ライカ)の解説を一部引用すると、

・・・・・
1954年に発表されたライカM3はレンジファインダーカメラとして
当時最高とまで言われるほどの技術を余すところなく投入しており、
その性能の高さのあまり日本のカメラメーカーがそろって一眼レフカメラ
へと開発方針を大転換させるきっかけになった。ライカM3は今でも名機と
賛美する人が絶えないが、このことが逆に現在主流の一眼レフカメラへの
ライカの参入を遅らせてしまうことにもなった。
・・・・・・

だそうだ。メカを極めた造形美といったところか。どこから見てもかっこいい。そして重い。長い間、触ることもはばかれたので一度も使った(使わせてもらった)ことはない。

Lica2600

刻印されている製造番号によれば、これは1965年製造のもののようだ。今でも動作するようだが難しそうでとても使う気にはなれない。先日、多摩川高島屋SCをぶらついていて、ドイツのライカ社の直営店があったのにはちょっと驚いた。暇ができたら教わりに行ってもいいかもしれない。

●ツァイス イコンタ 521 (IIkonta 521) (70年くらい前のもの)

Ikonta521600

「イコンタ」とは変な名前だが、これは精密光学機器で有名なドイツのカールツァイス財団のカメラメーカーZEISS IKON社のカメラ。レンズが蛇腹で折りたたまれる。1939~1941製造ということなので70年以上前ということか。日本でも大人気になったそうだ。昔、蛇腹の出し入れがおもしろくて遊んだことはあるが実際に写真を撮ったことはない。もし動作するならどんな写真がどれるものか一度試してみたいと思う。

●ベルハウエル フィルモ (BELL&HOWELL FILMO) (60~75年前のもの)

Filmo1600

BELL&HOWELL FILMO DOUBLE RUN EIGHT
MODEL 134-A CINECAMERA MADE IN USA

と読める。米ベルハウエル社製の8ミリ映像のフィルムカメラで、このモデルは1936年から1950年代まで製造されたものの一つらしい。8ミリカメラで写された記憶はあるが、このカメラだっただろうか?

Filmo2600

撮影したフィルムを観るには、8ミリ映写機という機械でスクリーン(白いシーツをふすまに掛けて代用したり)に投影する。部屋を暗くして家族そろって映像をたのしんだものだ。
8ミリ映写機(ELMOだったか?)にフィルムをセッティングするのはなかなか厄介で、どこの家でも父親しか操作できなかったため、こんなところでも父親の威厳が保てたかもしれない。この8ミリカメラのおかげで60年ちかく前の自分の動く様子を観ることができるのはおもしろいし、ありがたいことだ。

ほかにもいくつか残っているが長くなるので省略するが、最近のデジタルデバイスは、つるんとしていてそれはそれでシンプルなカッコよさがあるが、昔のいかにもメカニカルなデバイスも対極のカッコよさがあると思う。

それにしても、なじみのあるカメラたちが50年前とか70年前のものとは。。。

『光陰矢の如し』、『歳月人を待たず』

ですね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.02

当社の2014年の新卒採用について

当社は昨年2012年に初めて新卒採用活動をおこない、もうすぐ4月1日に2名の新入社員を迎えます。当社にとっても初めての「入社式」はとても楽しみです。

その一方、すでに来年2014年の新卒の就活は始まっています。当社も「2014年 新卒採用ページ」を開設しています。

今年は、私以外の役員も「役員からのメッセージ」コーナーに登場しています。「社員紹介」では、社員自身が仕事について語っているので、ぜひご覧ください。

Photo

他のコーナーも新設しました。
「データで見るコマースリンク社員」のコーナーでは、平均残業時間とか年休消化率とか、参考になるデータがあると思うし、「行事カレンダー」は年間を通じての会社の雰囲気を垣間見ることができると思います。

↓こちらをクリックしてご覧になってください。
Photo_2


*********************************************


社会への第一歩として入社する会社は、よくも悪くもその人の人生に大きな影響を与えると思う。
新社会人のみなさんに、初めて入った会社で知ってほしいことがある。
それは、

・仕事を好きになる、仕事はおもしろい、ということを知ってほしい

・お客様に喜んでいただけることが自分の喜びになることを知ってほしい

・人を好きになることを知ってほしい

・仲間と力を合わせれば一人ではできないことができることを知ってほしい

・仕事を通じて自分が成長できることを知ってほしい

・自分に自信をもてることを知ってほしい

・夢を持って仕事ができることを知ってほしい

・努力はいつか実ることを知ってほしい

・ときにはどうにもならない運、不運があることも知ってほしい

・そうやって自分の未来は自分で切り開いていけるという事を知ってほしい

・仕事をするとは、とても前向きですばらしいことだと知ってほしい



こういうことができる会社はたくさんあると思う。
ぜひこういう視点でも会社を選ぶといいと思う。

でも、どうやって?

残念ながらそういうマニュアルはない。
その会社について、ぜひ知りたいという「思い」や「意思」をもって、積極的に調べ、質問し、自分の意思、意欲を表現していくことを通じて、感じとることができるものだと思う。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »