« フェルメール「真珠の耳飾りの少女」の水彩模写にトライ | トップページ | 5月の兜 »

2017.04.17

家具作り・・・(1)水屋風のガラス棚

最近、3つほど気合を入れて家具をつくったので順番に紹介したい。

その1)水屋風のガラス戸棚

Photo_2

細かな格子引き戸のある戸棚を作り,勝手に「水屋風のガラス戸棚」と呼んでいる。本物の水屋箪笥はかなり大きくて高価なもの。雰囲気だけすこし真似てみた。

Photo

基本の枠組みはシナランバー材(通販でカット依頼込み)。杉の貫き板を細く切断した縁材を付けているところ。基本となる枠組みなので、垂直・水平・直角を正確に機械カットしてくれるのは非常に助かる。

2

杉板を細く切断して、ベニア板に格子状に取付け、引き戸に。これが最大のポイントのつもり。引き戸の鴨井(上側)は保存していた端材(ラワン)の鴨井を再利用。下側の溝は浅いのでシナランバーにトリマーで溝切り。

3

ほぼ生地完成はこんな感じ。このあと塗装。このガラス戸は内窓として使われていたものを再利用。

塗装は油性のステインのウォールナットとオークを塗装。
ステインの色はメーカーによってかなり違うので、知人から自分で調合する方法を紹介されたが、今回は市販品で・・・。
ステインの後、クリアラッカースプレーで保護。スプレーと耐水サンダー掛けを4,5回繰り返した。

2_2

取っ手はネットで「アイアンハンドル」とか「アイアン取っ手」「ブラス取っ手」などと検索して見つけたもの。1個\250だったが、送料がその2倍かかった。それでも見つかる保証もなくあちこち探し回るよりいい。

3_2

引き戸、ガラス扉は滑りやすくするため、シリコンスプレーを塗布。

4

市販品のように、あまりにもきれいで正確なものより、手作り感満載。
リビングダイニングに置いて使っているが、ちょっといい雰囲気を出している、と自己満足。

総費用は¥10,000くらい。
・シナランバー、ベニア背板・・・¥6,600(送料別)
・アイアン取っ手・・・¥250 (送料別)
・オイルステイン・・・2種で\1500くらい

その他、手持ちの端材、蝶番、ねじくぎ、サンドペーパーなど。

|

« フェルメール「真珠の耳飾りの少女」の水彩模写にトライ | トップページ | 5月の兜 »

■日曜大工・工作など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7300/65077440

この記事へのトラックバック一覧です: 家具作り・・・(1)水屋風のガラス棚:

« フェルメール「真珠の耳飾りの少女」の水彩模写にトライ | トップページ | 5月の兜 »