« ペットの水彩画 | トップページ | 家具作り・・・(1)水屋風のガラス棚 »

2017.04.01

フェルメール「真珠の耳飾りの少女」の水彩模写にトライ

ワンコの水彩画に気を良くして(自己満足)、フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」を水彩で再現することに挑戦した。

まず、鉛筆でだいたいの輪郭を写したら、タブレットで原画をみながらデッサンを仕上げる。


M

鉛筆画の段階では、似ているのかいないのかさっぱりわからない。

鉛筆のデッサンができたら、一気に色を塗る。


M_2


という感じだが、人の顔をそっくり描くのはなんとも難しい。

ほんのわずかな位置、光や影の加減で全く別人になってしまう。いろいろ修正してみたがどうしても別人になる。
少女というより、年上のお姉さん顔になってしまった。
あの独特な表情を再現するのは自分には無謀だったかもしれない。(残念)

ということで、今回はこの辺で仕上げとすることにした。

2m

水彩はあまり重ね塗りに向いていないので人の顔を滑らかに描くのはかなりむずかしいと思った。
手元にあった絵の具も8色なので色合いも不完全だし、絵の具を水でうすめるため画面が白っぽく軽い感じになる。

筆後にできる「色の溜まり」っていうのかな、野外スケッチなどではいい味を出しているあれも、人の顔では邪魔になる。がどうしても避けられない。

絵画の上達法は、うまい人の絵を真似て描いてみるというが、目、鼻、口、光と影・・・いろいろ勉強になった。
もう少し練習を続けようと思う。

印象派の絵画の方が、水彩画で再現しやすいかもしれない。


|

« ペットの水彩画 | トップページ | 家具作り・・・(1)水屋風のガラス棚 »

■絵画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7300/65094653

この記事へのトラックバック一覧です: フェルメール「真珠の耳飾りの少女」の水彩模写にトライ:

« ペットの水彩画 | トップページ | 家具作り・・・(1)水屋風のガラス棚 »