2013.07.21

7月18日、当社は設立10周年を迎えました。

7月18日、当社は設立10周年を迎えました。
これも皆様に支えられてきたお蔭と感謝しております。

当日は夕刻から、10周年記念パーティーを開きました。
1度しかない10周年記念なので、会場は青山表参道にあるおしゃれなイタリアンレストランでの1フロアーを借りました。

Photo

会社設立の頃お世話になった皆様を中心に、30名ほどのゲストを迎え、社員とともに楽しい時間をすごしました。
皆さんに喜んでいただけたようで一安心。

ゲストのみなさんから、当社の社員が皆元気で、明るい表情なのを見て、とてもいい会社だなと感じた、と言っていただき本当にうれしく思いました。

10_2

また、各方面から立派なお花も頂戴しました。本当にありがとうございます。

Photo

今日から11年目のスタート。
次の10年も社員一丸となって頑張っていきます。
今後ともよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.04.01

2013年4月1日、当社で初めての入社式

入社おめでとう!


2013

本日4月1日、新卒社員の入社式をおこなった。設立10年目で初めて2名の新卒社員をむかけることができた。10周年の節目に新卒社員をむかえられたことはとてもうれしいことだ。

学校を卒業して最初に入った会社の数年間で、社会人とは、仕事とは、さらには世の中とは、という価値観のベースが形成されると思う。
二人がポジティブな価値観でこれからの長い社会人生活をおくれるよう会社としても努力していきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.02

当社の2014年の新卒採用について

当社は昨年2012年に初めて新卒採用活動をおこない、もうすぐ4月1日に2名の新入社員を迎えます。当社にとっても初めての「入社式」はとても楽しみです。

その一方、すでに来年2014年の新卒の就活は始まっています。当社も「2014年 新卒採用ページ」を開設しています。

今年は、私以外の役員も「役員からのメッセージ」コーナーに登場しています。「社員紹介」では、社員自身が仕事について語っているので、ぜひご覧ください。

Photo

他のコーナーも新設しました。
「データで見るコマースリンク社員」のコーナーでは、平均残業時間とか年休消化率とか、参考になるデータがあると思うし、「行事カレンダー」は年間を通じての会社の雰囲気を垣間見ることができると思います。

↓こちらをクリックしてご覧になってください。
Photo_2


*********************************************


社会への第一歩として入社する会社は、よくも悪くもその人の人生に大きな影響を与えると思う。
新社会人のみなさんに、初めて入った会社で知ってほしいことがある。
それは、

・仕事を好きになる、仕事はおもしろい、ということを知ってほしい

・お客様に喜んでいただけることが自分の喜びになることを知ってほしい

・人を好きになることを知ってほしい

・仲間と力を合わせれば一人ではできないことができることを知ってほしい

・仕事を通じて自分が成長できることを知ってほしい

・自分に自信をもてることを知ってほしい

・夢を持って仕事ができることを知ってほしい

・努力はいつか実ることを知ってほしい

・ときにはどうにもならない運、不運があることも知ってほしい

・そうやって自分の未来は自分で切り開いていけるという事を知ってほしい

・仕事をするとは、とても前向きですばらしいことだと知ってほしい



こういうことができる会社はたくさんあると思う。
ぜひこういう視点でも会社を選ぶといいと思う。

でも、どうやって?

残念ながらそういうマニュアルはない。
その会社について、ぜひ知りたいという「思い」や「意思」をもって、積極的に調べ、質問し、自分の意思、意欲を表現していくことを通じて、感じとることができるものだと思う。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.01

謹賀新年 コマースリンク株式会社代表



新年明けまして


 おめでとうございます



旧年中は当ブログをお読みいただきありがとうございました。

今年2013年、コマースリンク㈱は創立10周年の節目を迎えます。

さらなる飛躍を目指して社員一同がんばってまいりますので

本年もよろしくお願い申し上げます。

平成25年元旦

コマースリンク株式会社
代表取締役 春木博

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.25

「明日できることは今日やるな」

中学、高校とも男子校だった。(今は共学になっている)

テレビで防衛大学の「棒倒し」の様子が流れていたが、何十年も前の男子校(高校)というのは、かなりバンカラ、乱暴な側面があって、同じことをヘルメットなしでやっていた。
飛び掛かり、ケリをいれ、殴りかかってくる攻撃側に、防御側が応戦。さすがにバンカラを自負する男子高校らしく本人達にとってはすこぶる楽しかったが、今ではあまり見ない光景ではないだろうか。

そんな学校だから、当時の先生は絶対だった。逆らうと強烈なビンタをくらったものだ。先生が言う事には内心はどうあれ表だって逆らうことは殴られるだけ損だ。

そんな先生が日頃やかましく「今日やることを明日に延ばすな」と言っていたあるときに、生徒全員がそれぞれ「来年の抱負」を書かされ、それが冊子になって配られたことがあった。その冊子の中に、

僕は来年は、「今日やることを明日に延ばすな」ではなく、
「明日できることは今日やるな」で行こうと思います。(○山○男)

と書いた奴がいた。ちょっとシュールで面白い奴だったので「よくやるよ」とみんなで大笑いしたものだ。しかし、当時の状況の中で、他人とは違うものの見方といい、ちょっとひねくれたユーモアといい、とても印象に残った。先生もあながち間違ってはいないので怒らなかったと思う。

それ以来、仕事や経営にあたり、ときにこの言葉の精神がとても役に立ったと思う。仕事の仕方やマネジメントの本にあってもよさそうなフレーズだ。だから、残業で有名な某社で1回も100時間残業をしたことがない。平均残業時間の半分くらいしか残業しなかったと思う。仕事量は同じだから、仕事のスピードは周囲の倍くらい速かったと思う。

「明日できることは今日やるな」
今日やるべきことはきちんと今日やり、明日でもいいことは明日やれ。

今やるべきことにしっかり取組み、今やらないことは「やらない」と決める。仕事の優先順位でもあるし、事業の取捨選択にも通じる。会社をきちんと経営していくにも必要な精神だと思っている。

何十年も前の、アホな高校生のいたずらのフレーズだが、ある一面でマネジメントの真髄を言い得ているのではないだろうか。


(注意)学校でも会社でも、周囲に同調しない人間は、変わり者、調子がいい、要領がいい、ということで、あまりいい評価はもらえないかもしれないので、まわりの評価を気にしない人におすすめします。
それから、「今日やるべきことは明日やれ」と間違えて覚えると、たぶん悲惨な目にあいますのでご注意ください。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.22

バーゲンセールと「マイクリップ」

皆さんはバーゲンセールなどに行くことがありますか?最近は「バーゲンセール」とは言わないのかな。

私は最近行っていないのですが、以前はカミさんに連れられて、北の丸公園科学技術館のSANYOのセールとか、五反田のダーバンのセールによく行ったものです。SANYOではコートを、ダーバンではスーツなどを買いました。
その頃は仕事が忙しくてデパートでゆっくり買い物する暇もなく、仕事用のスーツやシャツ、コートなどはもっぱらバーゲンでした。

「だんなの仕事着」はバーゲンで十分。買い物する時間もない、なかなか買い物に行きたがらないから「まとめ買い」。そんな奥さんに連れられたサラリーマン風の男性がたくさんいました。

そういう会場では、最後の会計所の手前に洋服が山になっていました。この山は、会場内で気になったものをとりあえず袋に突っ込んで、最後にここで「いる、いらない」を吟味して、「いらない」となった商品の山なんですね。

ちなみに会計所の手前でそれをやっているのは奥さんの方で、男はほとんどそういうことができないようです。普段は会社でスーツ姿で、けっこう威厳をもったりしていそうな男性も、ここでは普段着でおとなしいものです。奥さんに服を合わせられ、突っ立っているだけという人も多いようでした。

ネットショッピングでも、とりあえず候補の商品をどんどん詰め込んでおいて、あとで吟味できたら便利だと思います。しかも、多数のお店を横断してこれができれば買ったものの満足度もあがります。

ショッピングサーチ.jpでも「マイクリップ」という仕組みでこれができるので、私も存分に利用しています。

最近は、デジカメケースやスマホケース、ブックカバーなどを買いましたが、どれも型番や商品名では探せないものばかり。検索して見つけたよさそうなものを、とりあえずつぎつぎに保存しておき、後でじっくり比較して購入しました。

Photo_4

これはそのときの私のマイクリップの一部。レザータイプのGALAXY NOTE2カバーがほしかったので、ショッピングサーチであれこれクリップして分類したものです。ここで画像をクリックすればショップで購入できます。

マイクリップの使いかたは簡単で、商品を検索したときにそれぞれの商品画像についている「クリップする」をクリックするだけで、画面の右上にある自分用の「マイクリップ」にどんどんたまっていきます。

Photo_3

たまった商品の数が表示されている「マイクリップ」ボタンを押せば、クリップした商品を見ることができます。

なお、この「クリップする」や「マイクリップ」は、スマートフォンのショッピングサーチとも同期していますから、外出中にスマホであれこれ探してクリップしておけば、帰宅してからパソコンで購入することもできます。

私たち自身が、「こんなことができたら便利だな」と思ったものをつくったのが「マイクリップ」です。最近、「マイクリップ」をご利用される方がどんどん増えています。私自身もとても重宝に利用しているので、まだお使いでない皆さんにぜひお勧めしたいと思います。


※マイクリップは、上記以外にも、商品を分類したり、並べ替えたり、コメントを書いたり、公開したり・・・といろいろなことができますが、それについては別途ご紹介したいと思います。


*********************************

マイクリップを使うためには、それぞれの人のマイクリップを区別したり、スマホと連携したりするために、ID登録をしていただくことが必要です。住所、氏名、電話番号、クレジット番号といった重要な情報は一切不要です。安心してご登録ください。もちろん無料です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.21

好きな言葉

Facebook
(デスク横のおもちゃたち)

この写真は以前の記事で紹介した私のFacebookのカバー写真に、ある人の言葉を書き添えたもの。
この、

The easy way becomes harder,and the hard way becomes easier.

という言葉は、あのKFCカーネルサンダース翁の言葉で、直訳すると

安易な道ばかりえらんでいると、ますます辛くなる。
厳しく辛いみちを行けば、より楽に進めるようになる。

ということだと思う。

カーネルサンダース翁の言葉に出会うまでは、自作の言葉として

前の山は高く見えるが、乗り越えた山は低く見える(自作)

をつかって、若手社員に話をしたりしていたが、カーネルサンダースの言葉にであって、「これこれ!」と思ったわけだ。
超有名人かつ親しみのあるカーネルサンダースの言葉の方がずっといい。
しかも英語だとなんかかっこいい(^^)

・・・

新卒の社員や若手社員は、仕事に不安が多いと思う。
社会人になると初めて経験することばかりで、目の前の課題が高い壁、あるいは山のように感じるかもしれない。

「自分に乗り越えられるのだろうか?」

「先輩のように、仕事ができるようになれるだろうか?」

誰でもそう思うのだが、その時にその山を必死に乗り越えようとするか、避けてしまうかが重大な分岐点。
多少失敗してもかまわない。それが若者の特権。

全力でその山を超えると、次の山が現れる。それをまた一生懸命に乗り越える。すると、もっと高い山が現れる。
それを乗り越える・・・目の前の山はどんどん山は高く、仕事は難しくなっていく。仕事はそれの繰り返しだ。

しかし、いくつかの山を乗り越えて、ふと「かつての山」を振り返りると、「あのくらいの山は、今なら楽にのりこえられるだろうな。」と感じる時が来る。

それが成長の証しだ。「今ならできる」という気持ちになれることが自分で実感できる「自信」だと思う。それを裏付けるスキルもついているはずだ。

さらに、もっと高い山にむかったときに「きっとできる」と思えるだろうし、チャレンジしたくなるはずだ。
それが、これまでの多くの経験と習得したスキルから得た本物の「自信」だと思う。

年齢や立場で山の高さはどんどん高くなるものだが、最初から(若いときに)山を避けてばかりいると決して山は乗り越えられないから、年齢が上がるとますますつらくなる・・・”becomes harder” だ。

”becomes easier”とは、経験と実力がついて、以前より「容易に対処できる」、「もっと力を発揮して解決できる」という意味だと思う。

似たようなことわざに「楽は苦の種、苦は楽の種」とか「蟻とキリギリス」の話があるが、カーネルサンダースの言葉は他人が遊んでいるときに仕事をしろという意味ではない。

難しいと思っても避けたりせず進めば、経験と実力が積み重なっていく・・・という「成長の原理」を言っているのだと思う。

・・・


ちなみに、自分的にはこの写真は、海、空、大陸、知識、冒険心を表しているつもりで、カーネルサンダース翁の言葉はぴったりだと思っている。

自画自賛デス(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.07

12/11大阪の展示会で、当社取締役がセミナー講演します

昨日(12/6)、東京有明 TFTホールで開催されたネット担当者フォーラムでの当社取締役の講演は、満席で立ち見の聴衆が囲うほど盛況で、アンケート結果も好評でした。

Saito20121207


タイトルは
「Eコマース最新動向2013~今すぐ実践できる!売上拡大を実現する戦略とは~」

来週は、12/10~11の大阪梅田 HERBIS HALLでの展示会で、12/11午後に同講演を行います。

内容は、ネットショップにとっての『商品データ』の重要性を軸にご説明します。

EC先進国アメリカでは、商品デ-タをきちんと管理することは、いわば「常識」といっても過言ではありませんが、日本では商品デ-タを論理的に扱い、それによってショップ売上げの最大化をマネージするソリューションはほとんどありません。
商品データの重要性とそのソリューションに関する講演は他ではほとんど聞くことができません。

この機会にぜひご聴講ください。

出展ブースにもお立ち寄りください。


日時:12/10PM~12/11
イベント名称:事業力革新FORUM 2012
場所:大阪梅田 HERBIS HALL
講演:12/11、14:10~ 
    弊社取締役)才藤孔敬

詳しくはこちらをご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.09.28

ミドリムシは絶滅危惧種?

検索広告の企業から、「絶滅危惧種のキーワード広告を出してはならない」という通知があった。もとよりそのようなことはしていないし、主旨にも賛成だ。(個人的に長年のWWF会員でもあるし)

しかし、その通知のキーワードのなかに「ミドリムシ」というのがあった。

ミドリムシが絶滅危惧種?

ミドリムシは培養して、バイオ燃料や食用の研究がされているあれ。ミドリムシは絶滅危惧種ではない。
おそらくミドリイシと間違えたのだろうと思う。

ミドリイシはサンゴの名前で、たしかに絶滅危惧種だそうだ。

ミドリムシ、ミドリイシ ・・・文字列は確かに似ているが、全くの別物。

ネット技術を自負する企業が、簡単な文字列を判別できないようでは困る。
(そのために通常の広告が掲載されなくなる、ということがおこり得る)

環境保護団体からつきあげられないようにとか、多分に政治的な背景で、しぶしぶ、あるいは機械的にやっているからじゃないかと邪推したくなる。「ミドリムシはほんと?」と疑問を感じないし、「ミドリイシ」なんて知らない。だから間違いにも気付かない。

しぶしぶやっている仕事は、誤りが起きやすいし、誤りに気付きにくいものだ。


※関連記事:カエルツボカビ症を知ってますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.16

ベンチャーリパブリックがMBO

ふ~ん、何故なんだろう?
リリースを読んでも理由がよくわからないなぁ。

それぞれの事情があると思うので、それは置いといて、
二人のSさん、これからも頑張ってください。

ところで、

「Eコマース市場の成長率自体が鈍化していることから
大きな成長をが期待できない・・・」

「今後はパソコンからインターネットへアクセスする
ユーザー数の増加は鈍化する・・・」

という箇所はちょっとだけ気になったな。

当社では、Eコマースは新しいステージに入り
ますます楽しみな市場だと思っているんだが。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧